運動も苦手!食事制限も出来ない!そんな人がダイエットに成功する道はあるでしょうか?あります。ダイエットサプリを使えばみるみるうちに体重が減って行きます。嘘だと思うならサイトをチェックしてみてください!

  • ホーム
  • 過食症の人の行動について

過食症の人の行動について

通常、お腹が空いたらご飯を食べ、満腹感を感じたら食べ終わるという行動をとりますが、食欲をコントロールすることが出来ずに、異常なほどたくさんの食べ物ドカ食いしてしまうという行動をとるのが、過食症です。
たくさんの食べ物を食べる大食いの人もいますが、それと過食症にはいくつかの違いがあります。
まず、過食症の人は、体型にコンプレックスを持っていることや大量にドカ食いをした後に罪悪感を感じることが多く、人に見られないように隠れて食べたり、他の人が残した残飯を漁るなどの行動が見られることもあります。

過食症には、大量に食べた後に吐くという過食嘔吐という行動を繰り返すタイプと過食のみを行うタイプがあります。
また、過食症と拒食症を繰り返すという人もいます。
食欲をコントロールすることが出来なくなると、無心で食べ物を食べてしまいます。
その後には、気分が落ち込み、食べすぎたことをなしにしたいという思いから、過食嘔吐をしてしまったり、大量の下剤を服用するという行動をする人もいるようです。

最初から過食症である人よりも、拒食症から過食症に移行する人のほうが多いようです。
体重や体脂肪率が多いことにコンプレックスを持っている場合、簡単に痩せることが出来る方法として、食べないという行動に至ります。
食べないと簡単に体重や体脂肪率が減ることに対して快感を感じますが、体は飢餓状態となり、正常な判断をすることが出来なくなります。

極端な食事制限を行っている場合、その反動で食べすぎてしまう行動になることがあります。
これまで極端な食事制限を行っていた人の多くは、筋肉が分解され、基礎代謝量が少なくなりますので、太りやすくなります。
体重が増えることに対して罪悪感を感じると、食べた物を吐く、過食嘔吐を行うことで体重の増加を最小限にしようとします。
拒食症や過食症などの摂食障害は周囲の人は異常に感じている場合でも本人は正常であると感じているため、必要な治療を受けるのが遅れてしまう可能性が多いということも特徴と言えるでしょう。

拒食症は病気の1つなので気を付けましょう

拒食症の人でも、血液検査を行うと、中性脂肪やコレステロール値が高い状態である人もいます。
太っていないにも関わらず、中性脂肪やコレステロール値が高い原因としては、脂質代謝が異常になっていることが考えられます。
食べないという状況が続くと、胆汁がでなくなります。
胆汁酸がでないと、血液中のコレステロールが上昇することになるのです。

これは、中性脂肪やコレステロール値が高くなる高脂血症とは原因が異なるために、適切な治療を受けるということが必要となるのです。
拒食症は間違った治療を行ってしまうと、症状の悪化や過食症への移行が考えられますので、注意が必要です。

拒食症は、食べることに対する罪悪感を感じるという病気です。
食べないのであれば、食べれば良いと思うかもしれませんが、それは有効な治療方法であるとは言えません。
拒食症は、心の病気です。
拒食症の人は、強い痩せ願望と持っていたり、少しでも太ることに対して恐怖心を感じています。

自分の姿を客観的に判断することが出来ないために、他の人の目には痩せすぎであると見えていても、本人にはまだ太っていると見えてしまっているのです。
治療を行っても、すぐに症状が改善されるという事はありません。
それは、考え方を根本から変える必要があるためです。

責任感が強いという人がなりやすいため、自分でなんとかしたいと思い、症状が悪化する傾向にありますので、早めに専門医に相談をするということが必要となります。
無理な治療で体重や体型が正常になったとしても、すぐに元に戻ってしまう可能性もあります。
一時的な治療ではなく、継続的な治療が必要となる病気であると言えるでしょう。
医療機関と患者を取り巻く周囲の人の協力が必要となります。

関連記事